『眠れぬ夜のメタファ―《TAVI》』

万城目 純(manjome JUN)

「身体と社会」の研究と実践。「身体思考」創始者。映像(フィルム):IMAGE FORUM FESTIVAL‘97大賞、バンクーバー(カナダ)、ロッテルダム(オランダ)、ブリスベン(オーストラリア)、ロンドン(イギリス)、国内外の国際映画祭に招待参加。美術(コンセプチャル/ビデオ/インスタレーション):コマンドN、3331など国内の展示、グループ展としてベネチア(イタリア)、アントワープ(ベルギー)などで発表。

 

『TAVI』 出演:細川麻実子 音楽:野村雅美

 

PERFORMATIVE LYFE は、 2010年から継続する「丸ごとの生( 別枠の人生 )」をとらえる映像シリーズ 。2018年制作の『TAVI』 は、日本の伝統装束である足袋(たび)と、旅(たび)から戻りまた旅に出る、また大動脈弁狭窄症の最新治療法(TAVI)を意味している。舞台になった古い建物はこの撮影の数日後に取り壊され、現存しない。そこでワンシーン、ワンカットで行われる撮影の中、路上に飛び出たダンサーがあわや事故間際で現実音が戻ってくるのは、こうした旅(あるいは手術)の後の回帰を表している。

TAVI

『九条小町』Princess Kujo  <万城目 純/Jun Manjome>


現在、施設にいる母を[九条小町]と見立て、その心象風景を描く。原版film(2003頃?)は、現在では廃園となった熱帯植物園の外景(音楽:水谷 晨 声:kimie)

Copyright © Tokyo Performing Arts Festival all rights reserved.